将正洋画日和

素人の映画探求記

「メイズ・ランナー 砂漠の迷宮」 過酷な世界の現状 感想 あらすじ ネタバレ 考察

 

 

 

 

前作の感想はコチラ↓

 

www.shouseiuni.work

 

 

 

 

 

 

シリーズものは面白かったら立て続けに見ちゃう将正です。こんにちは。

少しデザインや設定を変更していたので、3日空いてしまいました。久々にPC使いました。画面を割りたくなりました。

今回は「メイズ・ランナー 砂漠の迷宮」の感想となります。

ちなみに原作などは一切見た事ありません。

 

目次

 

 

 

 

 

あらすじ

無事に迷宮を抜け出す事に成功したトーマスら。だが試練はこれで終わりではなく、次は広大な砂漠の中心にある施設に連れて来られる。その施設で人体実験が行われていると知ったトーマスは、一緒に迷宮から脱出した仲間を連れて外の砂漠へ逃げ出す。

 

 

 

感想

 

砂漠の迷路とはどういった物になるんだろう?と自分で想像図を頭の中で描いたりしてた。

でもそのMaze(迷宮)というテーマが薄れており期待はずれとまではいかないけども、ちょっと寂しいなーと思いました。ランナー感はとても感じたのでこれはこれで面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

WCKDの施設※これより下ネタバレあり

 

太陽フレアにより砂漠化した土地に建つ施設へと連れて来られたトーマスとその仲間たち。実は迷路は他にもあったらしく、同じように脱出してきた若者たちが既にその施設で暮らしていた。施設の責任者はジャンソンという男性で、トーマスらにシャワーを浴びさせたり新しい服をあげたり栄養注射などをしてくれた。

この施設では脱出者の中から毎日10人ほど名前を呼ばれ、「安全な遠い地域の農場」に連れて行かれる。その詳細は分かっていないらしい。名前を呼ばれると、皆嬉しそうに職員についていく。

 

 

人体実験

 

名前を呼ばれず1週間経っている、エリスという小柄な男性がいます。いつも1人で机に座っており、フードを深くかぶっています。

このエリスがトーマスの寝込みに現れ、「付いて来い」と2人でダクトの中を通り、ある実験室の前まで来ます。

そこに入っていくのは病院のベッドに乗せられた人間。(人間自体は見えない様にされています)

エリスはこの実験室に入っていった人間は2度と戻らないと。(職員は戻ってきますよ)

 

これを見たトーマスは実験室の中がどうなっているのか探ろうと、ジャンソンにわざとケンカを売って取っ組み合いになり、ポケットからこっそりカードキーを抜き取ります。

そして実験室へ侵入成功したトーマスとエリー。そこで彼らが見たものは、宙につられてたくさんの管に繋がれ、血を抜かれている脱出者達でした。

この脱出者たちはジャンソンによって安全な農場に連れてかれたはずの人達です。

 

その時ジャンソンと他の職員が実験室に入ってき、トーマスとエリーは隠れます。そしてジャンソンがモニターで外部と連絡を取り始めました。その連絡の相手はなんと前作の「メイズ・ランナー」で亡くなったはずのWCKDの代表者エヴァ・ペイジ

(偽物の映像、遺体だったという訳か...?)

 

そこで話していたのは要約すると、「早く子供達を全員眠らせて」というエヴァからジャンソンへの命令でした。(=早く全員の血を抜けって事でしょう)

あと、「RA(ライトアーム)は見つかったの?」という質問です。このRAは山を拠点に行動していてWCKDとは敵対関係を持つ組織らしいです。どちらの依頼もスムーズに遂行できていないジャンソンを、エヴァは「他を探そうか」と見切りをつけようとしましたが、ジャンソンは「では新しい子達からかかります」と彼女に意思を示すのでした...。

 

新しい子達とは、トーマスらの事です。彼はすぐさま部屋に戻り、ニュートやミンホたち、そして違う部屋にいたテレサとともにこの施設から脱走しました。

 

 

あのダンゴムシみたいなのは何?

 

気になりました。笑

あの実験室のカプセルに入れられてたでっかい白いダンゴムシみたいなもの。ダイオウグソクムシか。

子供達の血液から抽出された抗体の実験体か何かなのかなとか。

クローン技術の実験なのかなとか。

それとも入り口に近いとこにあったから、ただの人体実験のカムフラージュとか?

 

私はカムフラージュを推しますが、特に気にするシーンではないのかもしれませんね。

 

 

 

新キャラ:エリス

 

前述した他の迷路からの脱出者のエリスですが、なかなか切れ者ではないですかね。ダクトの道を知っていたので、迂回して脱出扉を開けたり、カードキーの機械をぶっ壊して開けれなくしたり。

 

考えは募り、もしかしたら彼もトーマスやテレサと同じくWCKD側の人間で、同じ理由で迷路に放り込まれた人物だとか考えました。だから施設に居た時既にWCKDを疑っていて秘密を探ろうとしていた。

 

将正はWCKDがトーマスを迷路に送った理由は「脱出(選別)を促進する為」と思っていたので、エリスもその役割をを担っていたんじゃないのかなぁと。

 

まあ、只者ではないと思ってます。

 

 

クランク

 

作中には、太陽フレアによって砂漠化した地域や廃虚に潜むクランクという怪物が出てきます。冒頭のシーンではシルエットだけしか見えなかったので「え、人間じゃん?」と思っていたのですが...。

まさしくゾンビでした。

いやーびっくりしましたね。将正はホラーやグロは苦手なのですがゾンビはセーフです。

 

最初に出てきたクランク

 

施設から逃げ出し砂漠の中にある建物に入ったトーマス達でしたが、そこは物が錯乱しており人の姿は無い廃虚でした。トーマスと2人で探索していたミンホが電気のブレーカーを見つけ、ONにします。建物内が一気に明るくなります。(この時のミンホの笑顔が最強にいい)

するとトーマスの後ろのフェンスの向こうから女のクランクがいきなり襲い掛かってきます。目はくり抜かれ口も裂けているように見えます。

 

このクランクですが、調べてみるとテレサの母ではないかとの考察をしてる方が多いようです。

映画の最後の方で、テレサが「私の母は幻覚が見えないように自分で目をくり抜いたの」と言っている事からです。

 

でも将正は、そのクランクが出るシーンの前にテレサが見つけた写真に写っている女の子ではないかなと思います。

理由はごく単純です。

  • 顔、体格が子供
  • 金髪
  • フェンスの向こうの茶色の丸い物体

 

です。シーンを良く見てみると分かるのですが、テレサが見つけた写真に写る女の子が熊っぽいぬいぐるみを抱えているように見えます。(熊かどうかはわかりづらいが、大きな鼻のようなものが見える)

そしてトーマスがフェンスの向こうにライトを当てた時に布団から茶色の物体が見えます。これがぬいぐるみなのだと思っています。

 

ちょっと妄想入りますが、女の子はもしやこの建物内で1番最初に感染した人間ではないでしょうか。なので他の人間にフェンスに閉じ込められていたのだと思います。

クランク化していない状態で隔離されてしまい、幻覚と太陽フレアの影響に苦しめられ、彼女には唯一熊のぬいぐるみだけが心の拠り所でした。ぐちゃぐちゃで分かりにくいですが、布団から覗くぬいぐるみは、おそらく彼女が布団をかぶせていたのだと思います。

目が無い原因はと言うと、それはテレサの母と同じ理由だったのではないかなと思います。

 

 

もう1人のヒロイン

 

ブレンダいい女だ...。

ベリーショートの髪型で、ホルヘたちと山でクランク達からの脅威を免れていました。

 

正直登場したばかりのシーンはなんか偉そうな女、って思ってたんですけど、クランクに噛まれ太陽フレアに侵されてしまった彼女だけど、トーマスの抗体により生き延びています。ここから、銃を持つかっこいい女性という印象を持つようになっていきました。

 

 

相変わらずミンホが良い

 

前回推しまくったミンホですが、WCKDの施設では走ってくる相手に向かって勢いよく膝蹴りしたり、クランクからにげる為に扉を封じたりと、今回は非常にパワー型のメンバーになっているように見えますね。

 

初クランクの直前の汚れなき笑顔はとても良いです。ちょっとみやぞんに似てる?w

 

雷に打たれた時はどうなるかと思いましたがすぐに起き上がってきたので内心すごくホっとしました。1番死んでほしくないキャラなので。

最後はWCKDに連れて行かれてしまって...。死んではないので大丈夫だけど、トーマスが必死に追いかけてたのを見て、やっぱこいつらは大親友だと思いました。

そしてミンホを助ける為、トーマスはWCKDに乗り込む事に決める。

 

 

最後に

 

テンポが早く、大事なシーンが多い「砂漠の迷宮」でした。

時間は132分なのですが、体感的には3時間くらいあったように感じました。

 

前作での「謎」がまた肥大化したような...

私は正直分かってないところもあると思います。

次は「最後の迷宮」。

こちらの感想はまた時間を置いて書こうかなと思っております。返却日なので。笑

 

 

以上「メイズ・ランナー 砂漠の迷宮」の感想でした。