将正洋画日和

素人の映画探求記

「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」 大人の階段登りました 感想 あらすじ ネタバレ

 

 

 

前回の「ジョニー・イングリッシュ」がとても面白かったので借りました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shouseix:20190621223054j:image

Amazon CAPTCHA引用

 

 

 

あらすじ

 

ジョニー・イングリッシュは5年前のモザンビークでの大失態によりMI7を解雇され、チベットの僧院で修行をしていた。

 

英中首脳会談での中国の首相暗殺計画を阻止するため、MI7は解雇したイングリッシュを再びロンドンに呼び戻す。情報提供者のフィッシャーに会うためイングリッシュは助手のタッカーと共に香港を目指す。

フィッシャーの情報では暗殺を計画しているのは「ボルテックス」という組織だと言う事と、その組織が手に入れようとしている兵器の鍵の事だった。

 

 

 

感想

 

前作と引き続きで見ましたが今回のイングリッシュはなかなかしっかりしているように思えました。年もとってきて大人の階段を登ったようです。白髪交じりで貫禄ついてきたので、スパイとしてなかなかのキャリアがあるような大物感。ですが相変わらず任務をストレートにはこなせない。

 

調べてみると、ローワンは「Mr.ビーン」のようなコメディキャラは引退すると表明しているらしいですね。
その為なのか今回のイングリッシュは少しシリアスなシーンもあったり。ですがやはり顔は「Mr.ビーン」のローワンなので、悲しいとかの感情にはどうしてもなれませんw

 

キャストはイングリッシュ以外全員変わって、ボフはいないのか...と少し残念に思いましたね。
今作では新しい相棒と共に敵に立ち向かっていきます。こいつがボフに負けじとなかなか可愛いこと。元気でおバカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい助手のタッカー
 

新人エージェントで助手というかイングリッシュの監視役のタッカー。黒人で20才と若く、腕っ節も強そうなタッカーですが、敵に戦いを挑んで一発koされる弱さです。

 

そんな彼ですが「腕っ節」以外ではスパイの能力には長けているようです。敵を素早く見つけたり、危険の察知能力、更にはPCの能力も高いようで会員制ゴルフクラブのサイトをハッキングして対戦相手を変えたり。

見た目とはかなり違い、彼は完全に頭脳派のエージェントです。現在のMI7の方針によるものなのでしょうか。 

 

結構好きなキャラなのですが、あまり活躍シーンがなかったのが残念。一時は停職させられていますからね。

 

 

 

 

 

 

車椅子でのチェイス

 

この映画の絶対的な見所はやはりこのシーンではないでしょうか。

アクション映画には欠かせないであろうカーチェイスシーンですが、この映画では「車」ではなく「車椅子」を使って見事壮絶な戦いを見せてくれました。とてもシュールな絵面で、他にはない衝撃を受けるシーンでした。

 

特典にもメイキング映像が含まれていました。シーンに合わせて通常の車椅子と、高性能エンジンがついている車椅子2台を使用していたそうです。

 

一見楽しそうなこの高性能車椅子の運転は重心が高く転倒しやすい上、体を守る装備が無い為、とっても危険だそうです...。

 

ですがローワンはとても乗り気だったようで、撮影をしていく内に運転にも慣れていったようです。さすが車好き。(関係ないか)

 

個人的にはこのシーンもっと長く見ていたかったですw

 

 

 

予想外の恋愛展開

 

いやあ驚きました。この作品でイングリッシュの恋愛はありえないと思っていました。(ごめん)

前作では彼の勘違いに終わってたので今回もそんな感じかと...。

 

お相手は行動心理学者のケイト・サマー。微妙な表情の動きから相手の感情を読み取る事ができる為、会談などでは重要な役割をします。

 

 

とてもアホでバカなんだけど、どうしてか事件を解決できてしまう。でもその道のりは険しい。なぜなら周りに信じてもらえないから。

 

ですが必死に訴える表情から真実を見抜いたケイトだけはずっとイングリッシュの味方についていました。

彼は恋愛経験が少なそうなので、好きになるまでは早かったでしょう。ケイトのありがたみに気付くのは遅かったと思いますが。

 

彼女も最初は同情の念のみでイングリッシュを助けてたのではないかなと思います。あんな可哀相な男なかなかいないような気が。

でもそのうちに「この人には私がついていなきゃ」と母性本能をくすぐられ、恋心が芽生えたのでは。

 

世話焼き女性とバカな男。

なかなかお似合いですね。

 

 

 

最後に

 

結局あの掃除のババアはなんだったのか。あのキャラの立ち位置だけはわからないw

カジノ、MI7本部、最後にはボルテックス壊滅後なのにイギリス王室にまで。

本当にただ掃除が好きなおばちゃんってだけ...?(ボケている)

 

次、次作借ります。